2014年 輸入量

★2014年スノキ属生果実国別輸入量

★2014年スノキ属生果実国別月別輸入量

★スノキ属生果実輸入量の推移

★2014年東京中央卸売市場のブルーベリー月別入荷数と平均単価

★2014東京中央卸売市場ブルーベリー県別入荷量

★東京中央卸売市場ブルーベリー入荷と平均単価の年次推移

東京都の年次推移を見ると徐々に扱い量は増える傾向にありますが、2014年で、入荷量は142.5トンです。さらに冬の輸入品の東京市場入荷は輸入統計から比較すると少ない割合になっています。市場を通さない流通が多いのでしょう。県別作付け面積は多くない愛媛からの入荷が1位というのも特異的です。


生果実の輸入量推移は2004年にピークがありましたが、2008年にかけて下降線をたどり、その後再び上昇し2012年には史上最高となりチリが一位でしたが、その後の輸入量は減り、2014年にはチリが減り、再びアメリカが1位に返り咲きました。メキシコからの輸入は定着したようです。

分析 福田 俊