■果物は健康の源

第3回 ブルーベリーがマウスの動脈硬化を予防

 ブルーベリーを摂取したマウスは、動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)になりにくいことが分かったと「栄養学雑誌(J. Nutr.2010))」に発表されました。

 

 実験では、アテローム性動脈硬化を発症しやすい30匹の若いマウスを対象に、ブルーベリー摂取群(20週間フリーズドライのブルーベリー粉を摂取したマウス)と、ブルーベリー非摂取群に分け、大動脈の2ヶ所でアテローム性動脈硬化の大きさや領域を調べました。その結果、ブルーベリー摂取群のマウスは、非摂取群のマウスよりも観察した2カ所の病変がそれぞれ39%、58%小さいことが分かりました。

 

 以上の結果から、ブルーベリーの摂取は動脈硬化の予防に効果があると研究者らは考えています。

第4回へ