福島県 ヨシノガーデン

今年の夏のガーデンはお年寄りがいっぱい!

暑い夏も本当にお彼岸までだ

今年は雷雨も少なく、最高気温35℃以上の日もあり、32℃代の日は数多くあり、約1か月半雨も降らず、小さめの地植えのブルーベリーの木は約20本位枯れ、果実もドライフルーツになってしまった物も結構あります。

デイサービスの方々がいらした

そんな中、9/10~9/16の1週間、毎日、須賀川市デイサービスの利用者さんが、午前と午後をそれぞれに送迎車に乗ってブルーベリー摘みにこられました。前から招待していたのですが8月中はとても暑く実現せず、9月に入ってからも高温が続いていましたが畑の中に車で入れる場所があるので、そこまで入って摘みとりをしました。午前15名位、午後20名位述べ150名位来ました。

農園での様子

午前10:45当園着、10:50~11:20摘みとり、11:20~11:40お茶会といったパターンで、車椅子の人も述べ10名位、押し車の人、職員に支えられながらの人とそれぞれ皆ニコニコととても喜んでくれました。9/1~9/9まで収穫せずに熟させておいたので、量もかなりなっており、枝ごと折っておみやげに差し上げました。

車椅子の人は職員の方が危ないと反対されたそうですが、所長がやってみなければわからないと実行してみました。90歳の車椅子のおじさんは1kgも収穫しました。摘みとりがおもしろいと、なかなか止めなかったので、1kgも採れました。

生き生きとしたお顔

施設から当園に来る時の様子も車中の皆さんの生き生きとした顔が良かったと所長さんに言われておりました。私が感謝されるよりも、職員さんの方々のお世話の仕方のすばらしさに大変驚きました。

本当にお年寄りをいたわって冗談を交わしながらなごやかな明るい雰囲気の日々でした。

また、摘みとり後のお茶会も楽しく、私の農園に来られる常連のお客様も加わり、お茶を出して下さり、とうもろこし、漬物、かぼちゃ、さつまいもとご馳走を毎日、毎日持ち寄ってお手伝いして下さいました。本当に皆さんの協力のお陰でとても楽しい、また有意義なデイサービスの人たちとの交流ができました。

また来年もお願いしますと何人にも言われ、大変うれしく思いました

ラビットアイだから出来た

この行事をラビットアイの収穫時に出来て良かったと思いました。つまり、1か所でずっと1週間摘めたので、要領が日ごとにわかってきて摘みとりやすくなりました。

これがハイブッシュですと次々と場所を移動させえないし、あまり歩けない人たちが10名以上もいると1か所で1週間もたわわに実っている様子を見せることはできないものです。

完熟所帯のラビットアイで出来たので結構美味しく皆さんに満足していただいたと思います。

塩田ヨシノさんからのお便りでした